1. TOP
  2. 米国株コラム
  3. 初心者にも簡単にできる米国株取引
「米国株取引」
に関連するツイート
Twitter

米国株取引時の為替差益について調べている。

今月受け取った配当金を使って、 米国のタバコ会社 アルトリア・グループ【MO】を約1万円分購入しました。 証券会社の米国株取引手数料も安くなり、 1万円のような少額投資もしやすくなりました。 労働収入ではないお金で資産が買えて、嬉しいです。

Twittertakotsubo(自分年金を築いて宇宙研究開発を再開する)@takotsubo7

返信 リツイート 昨日 23:20

3社が米国株取引手数料下げた後にダウが急落したタイミング。バカ丸出しの曰本人から金を奪う機会と踏んだ

【2019年8月31日まで!】 クイズに答えてアメリカ旅行プレゼント! 米国株取引の最低取引手数料引き下げを記念してキャンペーンを実施中。 指定のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやくと、当選確率アップ! #マネックス証券のキャンペーンでアメリカ旅行いきたい bit.ly/2Nx8fps

SBI証券で米国株取引を行う魅力について徹底的に解説しておるぞ!為替手数料がお得じゃぞ!manelite.jp/sbi-american-s…

RT @mrmarket_japan: 【ブログ更新】最低取引手数料の撤廃で→ ①成長株の少額投資で冒険ができる! ②所有欲を満たしやすく! ③細かい利確ができるように! →とりあえずは今回は解説記事です。 SBI証券の米国株取引手数料をわかりやすく解説しました!取引…

RT @MonexJP: 【2019年8月末まで実施中】 米国株取引の最低取引手数料引き下げを記念して、クイズに答えてアメリカ旅行プレゼントキャンペーン実施中! 指定のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやくと、当選確率アップ! #マネックス証券のキャンペーンでアメリカ旅…

【2019年8月31日まで!】 クイズに答えてアメリカ旅行プレゼント! 米国株取引の最低取引手数料引き下げを記念してキャンペーンを実施中。 指定のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやくと、当選確率アップ! #マネックス証券のキャンペーンでアメリカ旅行いきたい bit.ly/2Nx8fps

T売却。しかしsbiの米国株取引ってやりづらい。

Twitterつし太郎@平成生まれの資産運用@heiseistock

返信 リツイート 8/14(水) 8:47

SBI証券は外国株に強みのある証券会社じゃ!楽天証券での米国株取引の魅力についてお伝えしておるぞ!manelite.jp/sbi-american-s…

カテゴリー:

初心者にも簡単にできる米国株取引

初心者にも簡単にできる米国株取引

初心者にも簡単にできる米国株取引

 

米国は世界経済の中心地として有名で、株式投資をするには最適なところです。

米国株は配当が高かったり、高成長の銘柄が多数あるため投資による利益を出しやすくとても魅力的です。

しかし「米国株取引は難しそう」ということで、なかなか手が出しづらいと躊躇している方も多いでしょう。
ですが、実は米国株取引は初心者でも簡単にできるのです。

 

米国株取引をするには?

◆まず、米国株取引をするなら外国株取引口座を開設することが必要です。

現在では国内で営業しているネット証券会社で申し込みをすれば簡単に作ることが可能です。
そして、ネット証券会社を使うと一般的な証券会社と比べて手数料が格安なので取引にかかる費用を抑えることができ、とても便利です。

◆また他にも米国の証券会社で証券取引口座を作って取引を行う方法もありますが、英語が堪能でないと難しい上に手続きの手間もかかるため初心者にはかなりハードルが高いです
そのため株取引が初心者の方はネット証券会社を利用するといいでしょう。

◆そして、口座を開設したら米国株を取引きしますがこれは日本株の方法と同じです
資金を口座に入金して購入したい米国株を選んで注文すれば、米国株を取引することができます。

このように取引自体は決して難しくなく初心者でも簡単に行えます。
ですから、少しでも米国株に興味や関心があるという方は、一度試してみるといいでしょう。

 

米国株の特徴とは?

米国株には日本株とは異なる点や特徴がいくつかあります。
では、それらは一体何なのでしょう。

・1株から購入できる!
まず日本株では通常100株や1000株単位で購入することが一般的となっており、それに伴って多額の資金が必要となることが多いです。
それに対して米国株は1株から購入することができるので、小額でも投資することが可能です。
誰もが知っている超大型企業や優良企業に1株という単位から投資ができるので、数千円くらいの資金から気軽に始められます。
ですから日本株よりも購入するハードルが低いと言えます

・配当金が充実している
基本的に日本株は株主の配当の支払いは1年に1回から2回で、配当の利回りも1パーセントから2パーセントくらいが主流となっています。
ですが米国株の場合は配当の支払いが4回のところが多く、利回りも3パーセント以上がほとんどで中には5パーセントを超えるような株もあります。
なぜこのように米国企業は配当や利回りが充実しているのかと言うと、株主への還元意識が強く根付いているためです
投資意識が日本に比べて高い米国ならではの特徴です。

・値幅制限がない
日本株だと値幅制限(1日に上下に値動きできる幅)がありますが、米国株には値幅制限がありません。
そのため、ストップ高やストップ安といったものもないのです。
なぜ米国株に値幅制限がないのかというと、流動性を重視しているためです
ですから、取引が活発に行われるのでどこまでも株価が上がったり又は下がったりする可能性があります。
なので、大きく利益を上げることができる反面、大きく損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

・夜でも取引できる
米国の株取引時間に関しては通常、日本時間の夜の23時半から朝6時までになります。
また米国のサマータイム(3月の第2週から11月の第1週)の場合は日本時間の、夜の22時半から 朝5時までになります。
そのため、寝る前の少し空いている時間を活用してリアルタイムに注文を出したりすることができます。
普段、平日の日中働いている会社員やOLの中には「日本の株式市場の時間ではリアルタイムに株取引することが出来ない」と言う方も少なくありません。
しかし、米国株ならば仕事が終わった後にリアルタイムで株取引をすることが可能なのでとても便利です。

 

米国株は魅力的!

米国の株式市場は市場規模が大きい上に、投資がしやすくとても魅力的です。
そのため日本株だけでなく米国株にもチャレンジしてみてもいいでしょう。