1. TOP
  2. 米国株コラム
  3. 米国株取引について学ぶセミナーに参加するメリット
「米国株取引」
に関連するツイート
Twitter

米国株取引時の為替差益について調べている。

今月受け取った配当金を使って、 米国のタバコ会社 アルトリア・グループ【MO】を約1万円分購入しました。 証券会社の米国株取引手数料も安くなり、 1万円のような少額投資もしやすくなりました。 労働収入ではないお金で資産が買えて、嬉しいです。

Twittertakotsubo(自分年金を築いて宇宙研究開発を再開する)@takotsubo7

返信 リツイート 昨日 23:20

3社が米国株取引手数料下げた後にダウが急落したタイミング。バカ丸出しの曰本人から金を奪う機会と踏んだ

【2019年8月31日まで!】 クイズに答えてアメリカ旅行プレゼント! 米国株取引の最低取引手数料引き下げを記念してキャンペーンを実施中。 指定のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやくと、当選確率アップ! #マネックス証券のキャンペーンでアメリカ旅行いきたい bit.ly/2Nx8fps

SBI証券で米国株取引を行う魅力について徹底的に解説しておるぞ!為替手数料がお得じゃぞ!manelite.jp/sbi-american-s…

RT @mrmarket_japan: 【ブログ更新】最低取引手数料の撤廃で→ ①成長株の少額投資で冒険ができる! ②所有欲を満たしやすく! ③細かい利確ができるように! →とりあえずは今回は解説記事です。 SBI証券の米国株取引手数料をわかりやすく解説しました!取引…

RT @MonexJP: 【2019年8月末まで実施中】 米国株取引の最低取引手数料引き下げを記念して、クイズに答えてアメリカ旅行プレゼントキャンペーン実施中! 指定のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやくと、当選確率アップ! #マネックス証券のキャンペーンでアメリカ旅…

【2019年8月31日まで!】 クイズに答えてアメリカ旅行プレゼント! 米国株取引の最低取引手数料引き下げを記念してキャンペーンを実施中。 指定のハッシュタグをつけてツイッターでつぶやくと、当選確率アップ! #マネックス証券のキャンペーンでアメリカ旅行いきたい bit.ly/2Nx8fps

T売却。しかしsbiの米国株取引ってやりづらい。

Twitterつし太郎@平成生まれの資産運用@heiseistock

返信 リツイート 8/14(水) 8:47

SBI証券は外国株に強みのある証券会社じゃ!楽天証券での米国株取引の魅力についてお伝えしておるぞ!manelite.jp/sbi-american-s…

カテゴリー:

米国株取引について学ぶセミナーに参加するメリット

米国株取引について学ぶセミナーに参加するメリット

米国株取引について学ぶセミナーに参加するメリット

 

米国株取引は一株から購入できる気軽さ、高配当で利回りも良いということで最近人気が集まっています。
また米国株はこの50年以上もの間を見ても常に右肩上がり。
そんなことも注目されるきっかけになりました。
そして最近ではネット証券で多くの米国株の銘柄を扱うところが出てきたことで一気に注目されています。
そこでここでは米国株取引について学ぶセミナーに参加するメリットについてご紹介します。

米国株取引は日本株とは違う

これは言うまでもないことですが、つい最近まではこのように数多くの米国株銘柄を扱うネット証券の存在がありませんでした。
ここ数年で出てきた新しい投資です。
意外と思われるでしょうが、ネット証券が出現するまではもちろん対面式でも扱っていましたが、まだまだ日本株のように投資対象にしている方は少ないように思えました。

ところがリーマンショック以降、下落傾向にあると考えられていた米国株市場はまた持ち直して市場開始以来、長期的視野で見ても常に右肩上がりです。
これはバブル崩壊以来の日本とはだいぶ違うところです。
特にトランプ政権が成立してもその動きは堅調で、高配当・高利回りの株が非常に多くなっています。

実は米国株が注目されているのは株主配当が高いというところです。
これは日本なら株主優待制度というものがありますが、これが全て現金で配当されます。
また株主優先の経営を企業が行うので投資をするメリットが一般の方でも大きいということにあります。
一般的に知られているP&Gやコカ・コーラでさえ、1株から購入できるという気軽さもあります。
しかし日本では口数があるのでそうはいきません。
そこが米国株取引をより魅力的にして投資の垣根を低くしている理由です。

また増益しているのでその点も投資家は見逃しません。
そしてネット証券が出てきたことで、リアルな店舗を持つ証券会社は手数料の点でも苦戦しています。
ネット証券の安い手数料に勝てないところが多くなり、結局新興である米国株取引はネット証券が中心になってきました。
もちろん最近では最低5ドルという手数料も非常に魅力的です。

 

米国株取引をセミナーで学ぶメリット

このように過去データからも日本株より良いパフォーマンスがわかるので米国株取引に関心を持つ人が徐々に増えてきました。
現在では3社を中心に取引されています。
中には米国株を扱っていても目当ての銘柄を扱っていないところもあります。
それは証券会社の特徴にもなっています。

そこでお勧めなのは海外ETFという長期投資を考えた場合のセミナーは実際に説明を受けたほうが早いということです。
これは何も苦労しなくても安い売買手数料で、手数料がゼロの海外ETFを購入する方法などを教えてくれます。

このような情報は自前で探すことも可能ですが、まずは始めるなら証券会社が開いているセミナーに参加するのが得策です。
そうすると売買手数料だけでも削減できる商品があるということがわかります。
特にETFは日本のものと少し違うものがあるので(手数料ゼロなど)お得な情報が入ってくる可能性があります。

また取引できる銘柄が多い証券会社のセミナーは情報量も豊富です。
どんなに良い条件の証券会社でも自分が扱いたい銘柄がないのでは意味がありません。
また銘柄追加も常に募集しているような証券会社なら、今後注目の銘柄についても情報を教えてくれます。
これは対面で対応している証券会社と違って、多くの人向けのセミナーなら嘘のつきようがありません。

よく対面式で証券マンがお勧めする株で大損するという話を聞きます。
しかしこのように銘柄のトレンド情報や米国株動向について現地の情報が収集できるネット証券主催なら行ってみる価値はあります。

もちろんリアルセミナーだけでなく、最近はオンライセミナーやレポートが充実しているので、そのようなツール類も是非つかってみてください。